スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異人館のおはなし PT23(北野外国人倶楽部 3)

こんばんは、こんにちは、おはようございます。
北野外国人倶楽部第3弾です。

DSC07207_R.jpg
今回は寝室からスタートします。

DSC07208_R.jpg
シックでお洒落なベッドです。

DSC07209_R.jpg
主人が読んできたのであろう書籍・・・

DSC07211_R.jpg
突然ながらここで異人館クイズです。
Q.北野外国人倶楽部ではフランス・ブルボン王朝の貴族が使用してきたインテリアを展示しています。
さて、ブルボン王朝最盛期に『太陽王』と呼ばれた王は次のうち誰でしょう?
1:ルイ14世
2:ルイ15世
3:ルパン3世








DSC07212_R.jpg
A.1番

DSC07213_R.jpg
クイズも終わり、廊下に出ましょう。
数々の絵画が展示されています。

DSC07217_R.jpg
その廊下の突き当たりまで進みますと・・・

DSC07218_R.jpg
・・・っと、その前に手前の子供部屋です。

DSC07224_R.jpg
中途半端な階段を降り、中2階に辿り着きました。

DSC07221_R.jpg
ここはどこかといいますと、使用人の待機所のような場所。
近年、萌えキャラとしてメイドコスプレやキャラクターが盛り上がっていますが、本来のメイド服はこのようなシンプルなもの。 決してヒラヒラした装飾などは見かけませんね^^;

DSC07222_R.jpg
ミシン台。
メイドカチューシャの・・・アレ?^^;

DSC07223_R.jpg
ベッドの上には小説が・・・
メイドさんのひと時の安らぎだったのでしょうか。

DSC07220_R.jpg
因みにここからの外の景色です。
景観が少し住宅に埋もれてしまっていました。
スポンサーサイト

異人館のおはなし PT22(北野外国人倶楽部 2)

DSC07196_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
異人館シリーズ22弾、北野外国人倶楽部の続きをご紹介しましょう。
さて、その場所は玄関を入って廊下を右に曲がった所

DSC07198_R.jpg
蛇口が・・・恐らくワインが出てきていたのでしょう。

DSC07199_R.jpg
するとこのような薄暗いお部屋に辿り着きました。

DSC07200_R.jpg
OLD KITCHEN
オールドキッチン。
そこは釜戸などの昔ながらの原始的な調理具が揃っていました。
台所のようです。

DSC07201_R.jpg
この社交場で楽しむレディース&ジェントルマンに出す食事を使用人たちはここでせっせと調理していたのでしょうか。

DSC07202_R.jpg
そして、至るところに昔ながらのイラスト広告が・・・


DSC07203_R.jpg
・・・ということで、先ほどの台所に行くのは順路ではなかったようなので一旦引き返し、二階へ登りましょう。

DSC07204_R.jpg
ところで・・・この階段の角度が急すぎて登るのが怖いくらいです^^;

DSC07205_R.jpg
登った先で最初に入ったお部屋はオフィスと書かれた書斎。

DSC07206_R.jpg
・・・ところがそこは楽器だらけ。
主人は楽器もお好きだったのでしょう。

予知夢? のおはなし

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
夢というものは不思議と目を覚ました直後から忘れやすいものです。
・・・しかし、私が一昨日見た夢は何故か鮮明に覚えているんです。
夢の内容の殆どはその日に見た、あるいは聴いた事によって記憶に残った事が現れることが殆どなのですが・・・
私が見た夢は何か不思議な、未来予知のような夢でした。

内容は悪夢のようにうなされる訳でもなく、・・・ただ背景が梅田でした。
それも恐らく阪急グランドビルからでしょう、グランフロントを眺めていたのだと思います。
変わらないのはここまでですが・・・

予知夢?

景色がこんな感じでした。
丁度良い写真があったので記憶にハッキリ残った内容をイラストにしてみました。
グランフロント手前西側にオレンジ系の色をした楕円形の高層ビルが建ち、十三にはグランフロントのような個性のない形のビル4棟が立ち並んでいます。恐らくR176に沿ってる?
それもそのビル郡の高さは明らかに200mを越えていると予想します。
何年先の未来かはわかりませんが、恐らく伊丹空港が廃港され、阪急も新大阪に繋がり、また神戸や京都から一点に集まる京阪神の要でもある十三の需要が高まった暁にはこうなっているのでは無いでしょうか?

手前の楕円形のビルは梅北に馴染むかどうかは別として凄く個性的なデザインなビルです。
ただ、側面にどんな窓が付いていたかどうかはよく覚えてません。 側面の突起がオープンエアなテラスだったら良いかもしれませんね^^

また、何故か北ヤード2期開発区域は一体が池(プール?)になっていました。
そして池を取り囲む岸(プールサイド?)はモノクロタイルの模様が成されていたのを記憶しています。
もしプールだとすれば夏は水遊び、冬はアイススケートリンクとして年中利用できそうな気がします。

ただの夢ですが、この夢が現実になれば面白いですね^^;

異人館のおはなし PT21(北野外国人倶楽部 1)

こんばんは、こんにちは、おはようございます。

DSC07180_R.jpg
今回から数日間にかけて旧中国領事館の横にあります”北野外国人倶楽部”をご紹介いたしましょう。

DSC07181_R.jpg
北野外国人倶楽部は旧フリューガ邸とも呼ばれ、明治後期築の歴史ある建物だそうです。
また、「ライオンハウス3号館」とも呼ばれていたこの建物では開港当時からの居留者社交場・会員制倶楽部を再現しています。

DSC07182_R.jpg
では早速お邪魔してみましょう。

DSC07184_R.jpg
ここまではいつもの館と変わらない感じ。

DSC07185_R.jpg
食堂。
ここも・・・と言いたいところですが・・・

DSC07186_R.jpg
鎧・鎧・鎧の数の多さ。
一つ前の写真を見ていただければお解りでしょうが、ここの館はナイト好きなのか鎧の多さが目立ちます。

DSC07187_R.jpg
社交場の雰囲気を出しつつあるルーレットの台です。

DSC07188_R.jpg
使用人の服と思われるモノを纏ったマネキンが置かれています。

DSC07191_R.jpg
DSC07192_R.jpg
食卓の雰囲気。
一度でいいのでこのような中世にタイムスリップしたかのような高貴な食事を体験してみたいものです。
・・・とはいっても、NZのステイでホンモノの食事(?)をしてきた私ですが、あのアメリカンホームドラマのようなアットホームな雰囲気も素敵でした^^

DSC07194_R.jpg
横の部屋にも鎧、そしてチェス盤が・・・

DSC07193_R.jpg
昔ながらのラジオ受信機

DSC07189_R.jpg
ここで異人館クイズ。
Q.北野外国人倶楽部でチェスを展示していますが、『ハリーポッターと賢者の石』にて魔法のチェスのビショップの役割をしたのは一体誰でしょうか?
1・ハリーポッター
2・ロンウィーズリー
3・ハーマイオニーグレンジ




DSC07190_R.jpg
答えは2番のロンでした。
では次の特集をお楽しみに^^

機内誌のおはなし

DSC07737_R.jpg
こんにちは、こんばんは、おはようございます。
今回はANAの機内誌『翼の王国(10月号)』を特集いたしましょう。

DSC07738_R.jpg
この雑誌は毎月日本の都市と海外の都市の1スポットを特集しているのですが、今月は大阪とニューヨークを特集しているのです。
・・・といっても10月ももう数日で終わってしまいますが^^;

DSC07740_R.jpg
そんな大阪は梅田の・・・

DSC07741_R.jpg
新梅田食道街を特集しています。
かなりディープです。 歴史もまぁまぁ古く、1950年の国鉄が失業者対策として数件この高架下に店舗を列ねた事から始まったそう。

DSC07742_R.jpg
DSC07743_R.jpg
ここは利用というより東西の連絡通路として使っていた程度なので・・・

DSC07744_R.jpg
300円で満腹とは・・・気になるので行ってみたくなったではないか^^;

DSC07745_R.jpg
たこ焼きといえば一度焼くと以後1週間はたこ焼き生活になるといった我が家のジンクスがあり、またそれに伴い外でたこ焼きを買うという事があまり無い私なので8個で230円は高く感じてしまいますが・・・・
実際相場はどれくらいなのでしたっけ・・・?
100円くらいだと思ってました^^;


DSC07746_R.jpg
お次はニューヨーク

DSC07747_R.jpg
パールアベニューNo212に佇む喫茶店『DINER』を特集。

DSC07748_R.jpg
そこは昔から変わらない雰囲気のカウンターが・・・

DSC07749_R.jpg
そんなこのDINERの昔ながらの雰囲気に似た喫茶店が日本にもあります。
西宮のR171沿いで武庫川の近く、新幹線の高架橋の横にある『U・K WILDCATS CAFE』です。
実際にアメリカに住んでいたらしい店主なのでボリュームも味もアメリケン。
興味のある方なら一度言ってみる事をオススメしたお店です。

建造物の光と影

こんばんは、こんにちは、おはようございます。
今回は水都大阪フェスの日に撮影したものをご紹介。

DSC07668_R.jpg
今も”市民”に語り継がれ愛され続けているモノと、”市民”に忘れ去られたモノ。
過去に取り残された建物が今も尚過去から語り継がれている建物の片隅にひっそりと佇んでいる。

DSC07669_R.jpg
まるでその時から時間が止まったような、それでいてどこかしら寂しそうに歴史の流れに身を委ねている。

DSC07670_R.jpg
現在では大変建築価値の高い赤レンガ造りの建物の前には、皮肉にも『国有地につき立ち入り禁止』の札が貼られています。

DSC07671_R.jpg
そんなこの建物、かつては旧陸軍の『大阪砲兵工廠化学分析場』でした。
勿論、文字通りここでは武器製造に当たる役割を果たしていたのです。
第二次世界大戦終結までの日本を支えてきた立派な建物です。

DSC07672_R.jpg
その凝ったデザインは取り壊すのには惜しいくらい。
勿論、私は取り壊しは大反対です。

DSC07675_R.jpg
そんな歴史ある建物にはモノクロ撮影の方が雰囲気がとても似合います。

DSC07677_R.jpg
因みにこの建物は科学分析場であって、工場は降伏前日に爆撃されて無くなってしまってます。

DSC07679_R.jpg
そんな歴史的にも意味の深いこの建造物を野ざらしにしておくのは大変勿体無い事だと感じてしまいます。
旧陸軍資料館など、何か有効な使い道はないのでしょうかねぇ・・・

DSC07678_R.jpg
鳩の楽譜

DSC07680_R.jpg
自然との調和。
ここ一体には古代・近代・現代を代表する建造物が揃っている非常に珍しい立地でもあります。

異人館のおはなし PT20(旧中国領事館 下)

DSC07173_R.jpg
DSC07166_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
今日は先日の続きをご紹介しましょう。
始まりは階段を登って2階へ・・・

DSC07167_R.jpg
階段を登ると正面にユニットバスの個室が位置します。

DSC07169_R.jpg
小洒落た便器です。

DSC07170_R.jpg


DSC07171_R.jpg
ご覧の通り、こちらは寝室です。

DSC07174_R.jpg
洋式の建物とは裏腹に額縁に収まっている絵は中国を連想させる物が描かれています。

DSC07175_R.jpg
DSC07176_R.jpg
裏庭に回ってみましょう

DSC07177_R.jpg
一番奥にひょうたん型の勝手口が・・・

DSC07179_R.jpg
中国といえば、ドラゴン。

DSC07178_R.jpg
以上、旧中国領事館でした。

大阪が舞台だね

ネットを徘徊していると、ふとこんなアーケードゲームのサイトに辿り着きました。

ガンスリンガーストラトス

・・・実はこのゲーム、ゲームセンターでしか遊ぶ事のできないアクションシューティング(?)ゲームでして、その舞台背景が大阪の二箇所が忠実に再現されているんです。
私はプレイしたことが無く、システムもよくわからないので背景についてのレビューです。


まず一つ目はド定番の道頓堀。 殆どの作品で大阪の背景として使われるので正直飽きっぽい舞台でもあります^^;
大人の事情で看板などが変更されている部分もあります。
・・・ただ、道頓堀周辺にこれほど高層ビルが乱立しているわけでもないですし・・・恐らく世界観の設定上での背景設定でしょうね。

しづねの観光★案内(難波編)』 動画でコンピューターグラフィックで描いた難波を散歩できます。


2つめはなんと、梅田!
ここが架空の作品の舞台になるのは珍し”すぎる”くらいです。 そして忠実に再現されています。




私もよく通っているので所々に『あー、これこれ』だとか、『良く見る風景』なんて思ってしまいます。
そんな日常的な景色がゲームの中では派手に破壊されていますが本当に忠実に再現されています。
忠実に再現されているのは良いものの・・・どうして富国生命ビルが旧ビルなのでしょう?^^;
グランフロントや阪急二期棟はオープン前なので判ります・・・・が、舞台背景がメインのゲームではないので細かい事にはあえて目を瞑って頂きたい。

架空の梅田の散歩は『しづねの観光★案内(梅田編)』での動画にて・・・。
陸橋上でのアングルが日常的そのもの・・・。

梅田が背景といえば・・・現在では有名(?)なアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の1シーンで登場しましたね。
当のアニメの舞台背景は甲陽園や西宮北口で、阪急電車も頻繁に出てくる事でも一部のファンには良く知られている事です。
コレを期に梅田や中之島が背景の作品がもっと増えてくれればと思う今日この頃でした・・・・

異人館のおはなし PT19(旧中国領事館 上)

DSC07155_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
今回は一年越しの異人館特集です!

DSC07156_R.jpg
やってきたのは旧中国領事館。
まだ回っていない館が高台に固まっていたので、キツい坂を処理する形で上のほうの館を観光してきました。

DSC07157_R.jpg
・・では早速お邪魔しましょう。

DSC07158_R.jpg
・・・とその前に玄関の前に佇む二つの石碑。
日本で言うとヤモリのような扱い?

DSC07160_R.jpg
DSC07159_R.jpg
中は若干・・・というよりかなり洋風な作りです。 ちょっぴり意外・・・

DSC07161_R.jpg

最初に入った部屋は、居間。
中国らしい置物が置かれています。

DSC07162_R.jpg
高官座像
・・・奥のほうにひょっこり写っています^^;

DSC07165_R.jpg
食堂を最期に今回はおしまいです。
続きをお楽しみに。^^

東西コンコース開通のおはなし

DSC07533_R.jpg
こんにちは、こんばんは、おはようございます。
本日は11月21日のグランドオープンを迎える阪急が今月25日の二期棟オープンに先駆けて20日にコンコースを全面開通致しました。

DSC07534_R.jpg
工事中は極細通路に大人数がすし詰め状態で銅線が結ばれていたので、本来在るべき姿が取り戻された事によって都市計画の大事さを思い知らされる事になりました。

DSC07535_R.jpg
お?

DSC07536_R.jpg
おおっ?
残念ながら全面開通前の撮影ですが、それでも開放感はあります。
阪急の旧コンコースは私がまだ幼く、梅田といえばごくたまに親と来るくらいで、尚且つこういうものに興味の無かった頃でして・・・一応獅子のモザイクやシャンデリア、ステンドグラスなど大聖堂さながらのドーム屋根空間があったことは覚えているのですが・・・もっと大切に見ておくべきでした^^;
物心も持ち始め、通学で梅田を往来し始めた頃には時既に遅し。 ドーム空間はバリケードと防音シートで覆い隠され、コンコースの天井も低くなっていた頃でした。

DSC07538_R.jpg
デジタルサイネージで近代化も・・・

DSC07539_R.jpg
東西通路の開通に伴い陸橋からの入り口も開通しています。
ここは高校時代でも思い入れのある通路です。

DSC07564_R.jpg
建て替え前は細い一本通路で中に入ると直ぐに1階に下りる一人幅のエスカレーターがあったのですが・・・
写真では微かに見えるエスカレーターは勿論、通路は広くなり、そのまま真っ直ぐ進む動線が増えています。
エスカレーターを降りるといつもの1階の通路に下りてしまうので今回は新しく出来た通路を進んでいきましょう。

DSC07565_R.jpg
進むとバルコニーになっており、1階通路を見下ろす事が出来ます。
天井の高さゆえ・・・ですね。

DSC07567_R.jpg
ドーム屋根のコンコースはそっくりそのまま上階のレストランで復活するそうですが・・・
少し面影を残して欲しかったのが本音。 ドーム屋根とかステンドグラスとか。

DSC07568_R.jpg
そのまま進むと・・・

DSC07570_R.jpg
HEP前

DSC07571_R.jpg
数年ぶりに復活した阪急サン広場に到着しました。
私が幼少の頃、当時初めて発売されて話題を呼んだポラロイドカメラ「チェキ」の撮影会がこの場所にて行われていて、親と来たのを覚えています。
・・・この今日までその場所がサン広場という名称だったなんて知りもしませんでしたが^^;

DSC07572_R.jpg
サン広場からコンコースに入った場所から・・・

DSC07573_R.jpg
新しく開通した東西コンコースは如何でしたでしょうか?
25日には二期棟もオープンするのでその暁にはもう一度取材します。

107mレストランのおはなし(下)

こんばんは、こんにちは、おはようございます。

DSC07509_R.jpg
今回は先日のチャオサイゴンからの眺めの続きです。

DSC07510_R.jpg
約1週間ぶりといったところでしょうか。
完全に伸びきったグランフロント大阪は厚みのある景観に大きく貢献しています。

DSC07511_R.jpg
旧ビルでもあった牧神のレリーフが復活していました。

DSC07512_R.jpg
更に見上げると・・・
屋上庭園が姿を現しました。
日本一の耐震性能を誇るらしいメガトラスが力強い。

DSC07513_R.jpg
・・・して、この大きな穴は何なのでしょう?
吹き抜け口?・・・それともただの換気口?

DSC07519_R.jpg
ハービスの屋上

DSC07516_R.jpg
大坂城

DSC07517_R.jpg
都会のオアシス

DSC07514_R.jpg
今回のベストフォト。
MEGA STRUCTURES

水都大阪フェス2012特集 FNL

DSC07656_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
今日から2日間はチャレンジウィーク最期の休日になります。
既に楽しんできた方も居られる事でしょう。
さて、最期に回る場所は剣先公園から八軒家浜にかけて・・・

DSC07657_R.jpg
しかし今年の剣先公園は少し違った雰囲気を出しています。
それは・・・ゴルフ。
そしてグリーンにあたる島に人が入っています。
ほぼ8割9割の確立でウォーターハザードで+1打罰ですね^^;

DSC07658_R.jpg
水都大阪

DSC07660_R.jpg
天神橋からはあひるちゃんの頭しか見えません。

DSC07661_R.jpg
噴水

DSC07662_R.jpg
そして、八軒家浜から・・・

DSC07663_R.jpg
DSC07666_R.jpg
うーん・・・あんまり打つ人が居ない?

DSC07667_R.jpg
最期にお気に入りの一枚を・・・
高層ビルの壁が押し寄せる都心に流れる川辺で緑に囲まれながらピクニックを楽しむ人々。


さて、これにて水都大阪フェス特集は終わりにさせて頂きます。
ここまでご愛読有難うございます^^
・・・ではまた、来年の水都大阪にてお会いしましょう。^^

水都大阪フェス2012特集 EP4

こんばんは、こんにちは、おはようございます。

DSC07645_R.jpg
今日は中之島公園東部の様子をお伝えしましょう。

DSC07646_R.jpg
撮影当時は何のための物だろうと思っていましたが・・・
どうやら夜に活躍する『蝋燭置き場』だそうです。
子供達の手によって毟られた草が収納されてました^^;

DSC07647_R.jpg
製作途中(?)だったので何のオブジェなのかは判りません・・・

DSC07648_R.jpg
DSC07649_R.jpg
ただ、水都大阪2009で見た物にそっくりな気がします・・・

DSC07652_R.jpg
毎年の如く言っていますが、水都大阪2009ではまだ砂利だったこの芝生もすっかり景色に溶け込みました。
そして、今年の水都大阪フェスは2009年ぶりに見る盛り上がりぶりなのがこの写真を見ていただければお解りの事でしょう。
ラッキードラゴンやトラやん程ではないものの、今年の水都大阪フェスでの中之島は本当にあの時の華やかさを取り戻している気がしました。

DSC07650_R.jpg
また、昨年も登場した大阪カンヴァスプロジェクトの目玉作。
巨大こけしの『イッテキマス日本シリーズ”花子”』

DSC07651_R.jpg
この巨大こけし、子供の声でぶつくさと喋ったり歌を歌ったりするんです。
例えて言うなら・・・ニコ生のコメントスピーチで聞く『棒読みちゃん』や、東方のゆっくりしていってね!のような『ゆっくりボイス』みたいなイントネーションです。

DSC07653_R.jpg
・・・ただ、こけしの由来(子消し)を知っているならば、子供の声が聞こえてくるのは結構不気味にも感じてしまいがちです・・・^^;;

DSC07655_R.jpg
しかしこのギャップ・・・
夢喰いメリーなる漫画の一部シーンに出てくる本格B級ホラー”リアルてるてるこけし”を思い出してしまいます。

11731058_m.jpg
明日晴れると思うなよ

水都大阪フェス2012特集 EP3

こんばんは、こんにちは、おはようございます。
水都大阪シリーズ第三弾、今日はおはなしの前に少しBGMのご紹介を・・・




私が小学生の頃に発売したゲーム『風のクロノア』のBGMです。
夢の中の世界観で今でも聴くだけで感動する好きなBGMなのですが、水都大阪2009の時にこの曲を聴きながら会場を散策していたので皆さんもこのブログで同じように写真を楽しんでいただければと思いまして・・・。

では、早速本題に入りましょう。^^

DSC07632_R.jpg
バラ園も過ぎ、高架下へ・・・
市営交通フェスティバルの様子。

DSC07637_R.jpg
”ほんまや”はもう事業中止で自販機から消え去りました。
・・・が、自室には水都大阪2009の時に買ったイベントロゴ入りのほんまや(青)が未だに置かれています^^;

DSC07636_R.jpg
時計を見れば11時前。 予想通りですが、良い時間にやってきました^^

DSC07635_R.jpg
香ばしく、食欲をそそる香りが四方八方から香ってきます。

DSC07642_R.jpg
屋台が立ち並ぶ中、私は一番手前の屋台のドイツ料理が気になって列に並びました。
そして・・・その屋台にそそられたもう一つの理由とは・・・・・

aHgAQ9.jpg
魔理沙が水都大阪フェスの屋台でバイトしている世にもシュールな絵に導かれてしまった為です・・・^^;

DSC07643_R.jpg
そして買ったのが、チーズブルスト。
ポテトとポークウインナーにバジルをふりかけ、その上からチーズソースをまぶした食べ物。

DSC07644_R.jpg
チーズとポテトの組み合わせも結構合っていて美味しいです。 そして見た名状にボリュームもありました。
みなさんも是非、チャレンジウィークが終わる次の日曜までに足を運んでみては、いかが?

DSC07638_R.jpg
それでは次回からはもっと先に進みましょう。^^

水都大阪フェス2012特集 EP2

こんばんは、こんにちは、おはようございます。

DSC07600_R.jpg
中之島公園をてくてくと歩いていくと、もうこんな場所まで来ました。

DSC07607_R.jpg
この後姿は・・・もうお解りですよね?
先日も先走って紹介致しました、このイベントの目玉(?)企画。
ラバーダックプロジェクトです。

DSC07609_R.jpg
今年も去年と同じく、ばらぞの橋の傍らにぷかぷかと浮いています。

DSC07611_R.jpg
今年で3年目ですが、2年連続で同じ場所に浮く事は初めてでは無いでしょうか?
・・・北加賀屋造船場跡地は別として・・・ですが^^;

DSC07601_R.jpg
うーん・・・

DSC07617_R.jpg
去年と同じくアヒルちゃんの痛車(?)も来ていました^^

DSC07620_R.jpg
車好きにはたまらない角度でパシャリ。

DSC07623_R.jpg
DSC07621_R.jpg
勿論、アヒルグッズも販売しています。

DSC07627_R.jpg
・・・がしかし、予想通りの長蛇の列。

DSC07628_R.jpg
(「・ω・)「ガオー

DSC07625_R.jpg
大阪のシンボル(?)のアヒルちゃんがこれから先もずっと皆から愛され続けますように・・・

水都大阪フェス2012特集 EP1

DSC07598_R.jpg
こんにちは、こんばんは、おはようございます。
水都大阪フェス2012特集第二段という事でして、今日からは本格的に中之島公園へ入っていきましょう。
また、13日土曜から21日日曜までがチャレンジウィーク期間でして、10月の中で一番盛り上がりを見せる週になっております。
また、私が取材した日(14日日曜)は御堂筋kappoや水都大阪バル2012との同時開催で一層の盛り上がりを見せた一日でした。
・・・しかし私は御堂筋kappoには足を運んでいません^^;

DSC07597_R.jpg
難波橋を潜ろうと階段を下りるとそこに笑動OSAKAクルー。
水辺の清潔を守る大事な要因です。

DSC07602_R.jpg
DSC07606_R.jpg
DSC07604_R.jpg
流石に秋にもなるとバラ園にも色とりどりのバラが咲き誇っています。

DSC07605_R.jpg
大阪カンヴァスプロジェクトのミニゲーム『グラサンパンダを探せ!』
中之島公園内の5箇所に散らばるグラサンパンダ。
写真はOCPのパンフレットを貰う前に偶然一体見つけて撮影しただけなのですが、パンダの足元においてあるスタンプをパンフレットに押して全てコンプリートすると・・・?

水都大阪フェス2012特集 プロローグ

DSC07587_R.jpg
金木犀の香りが漂い、冬の足音が聞こえてくる頃

DSC07588_R.jpg
今年も恒例の行事がやってきた・・・

DSC07589_R.jpg
水都大阪フェス2012!

DSC07590_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
2009年(水都大阪2009に行ってきた (2009年9月19日投稿)
2010年(リバリバ大阪2010のおはなし (2010年10月12日投稿)
2011年(水都大阪フェス2011特集 (2011年10月24日投稿)
・・・と続き、今年もこの季節がやってまいりました!

DSC07593_R.jpg
いやぁ・・・ようやく一年ですか。
今年は待ち遠しかったわけではありませんが、中之島公園が整備され、まだ緑化整備も追いつかない状態での開催にして大変な盛り上がりを見せた水都大阪2009年が懐かしいですね。

DSC07591_R.jpg
DSC07592_R.jpg
畳の大きさにホンモノの草が敷き詰められた『リバーサイドピクニック』も登場。
座るのが勿体無いくらいに見とれてしまいます^^;

DSC07594_R.jpg
DSC07595_R.jpg
まだ朝10時前だったので屋台も殆ど下準備中です。
ゆっくり写真を撮っていくつもりなので、高架下の屋台に着く頃にはいい時間になっている事でしょう。

DSC07596_R.jpg
中之島公会堂前のこの広場は所々にパラソルも広げられてあるので良い休憩場所だと思います。

帰ってきたあいつ~第四弾~

DSC07608_R.jpg
おや?

DSC07610_R.jpg
この横顔は

DSC07614_R.jpg
御馴染みのアヒルちゃんが帰ってきましたよ。^^

帰ってきたあいつ (2009年 12月22日投稿)
帰ってきたあいつ~第二弾~ (2010年 12月24日投稿)
帰ってきたあいつ~第三弾~ (2011年10月23日投稿)

DSC07618_R.jpg
こんな人も頻繁に見かけるようになりました。
今年で大阪では5回目の登場。 因みに今年の夏頃に広島に出張なさってました。
それほどアヒルちゃんが大阪の・・・もしかしたらリピーターによって日本全国から愛されているのかもしれません。

DSC07615_R.jpg
つぶらなおめめが可愛らしい、ダックカーも置いてるよ。

DSC07626_R.jpg
お絵かきに熱心なアヒルちゃんも可愛いね。

DSC07629_R.jpg
因みに今年のアヒルちゃんは去年と違い、逆方向を向いています。
なので中之島の高層ビルを絡めた一枚もスッキリしました。
また、この大きさのギャップが何ともたまらん・・・タベチャウゾッ(・ω・)

DSC07633_R.jpg
VWT1と、アヒルちゃん。
どちらもつぶらなおめめ仲間

DSC07630_R.jpg
アヒルちゃんのくちばしと色がお揃いなお花だよ。


今年のラバーダッグ展示期間は本日10月14日(日曜)~10月21日(日曜)の一週間という短い期間だけなのでアヒルちゃん目的の方はお早めにね!

107mレストランのおはなし(上)

DSC07497_R.jpg
DSC07498_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
今回はこの10日の水曜日に肥後橋アパホテルの最上階にあるベトナム料理店(チャオサイゴン)へ行って参りました。
ベトナム料理の野菜の味は香りがキツく、味も正直な所日本人の舌には合わない気もしますが、好き嫌い分かれるかもしれません。
麺類の食べ物がまた独特でして、鍋に入れるマロニーのような透き通った麺なので食感が大体予想できていたのですが・・・・
凄くもっちりしています。予想を裏切られました^^;

DSC07500_R.jpg
実はこのレストラン、一年越しに来まして・・・
以前は展望デッキ紹介の記事として取材に来ましたが今回は特に何もございません^^;
色々な展望スポット紹介のおはなし PT16 ~APAホテル編~ (旧夢遊病)
記事の投稿日時も今日で丁度一年! 特に狙ったわけではないですが、デジャブを感じます・・・^^;
それにしても1年も来ていないと周りの景色が随分と変貌してる事に驚きます。
特に目を引くのが中之島フェスティバルタワー。
当時は半分程の高さだったのに対し、1年後は既に最上部に達し、また防護ネットも取っ払われて全貌があらわになっています。

DSC07502_R.jpg
水の都

DSC07504_R.jpg
因みにテラス席なのでこの時期は風を感じる事ができて心地の良い食事が楽しめます。
真夏・真冬は正直な所まともに食事するには条件が厳しすぎると思いますので^^;

DSC07499_R.jpg
南東部を見渡すと・・・

DSC07508_R.jpg
阿倍野・・・

DSC07507_R.jpg
ハルカス!
既に最高部の鉄骨も組み終わったようにも見えます。
外観完成まで残すはカーテンウォールの貼り付けだけといった所でしょうか。

DSC07505_R.jpg
最後は中之島3兄弟。
以前来た時のカメラ(24mm)ではフレームに入りきらなかったのですが・・・
流石は10mm。すっぽりと入ってしまいます。
中之島西部は更地が多く、寂しい土地も少なくは無いですが、逆に開発のしがいがあるという事ですね。

神戸の日常だね

DSC07141_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
先週土曜日、神戸へ遊びに行ったときの事・・・
偶然街のイベント”神戸ジャズストリート”が開催されていました。
予想もしなかったイベントに思わずカメラを向けてしまいました。

DSC07142_R.jpg
トロンボーンの列

DSC07143_R.jpg
クラリネットの列

DSC07145_R.jpg
ギャラリーも多めです

DSC07147_R.jpg
ジャズといえば、夜中、阪神高速で神戸を走るときにはいつもジャズを流しています。
夜の神戸の雰囲気にピッタリなんですよね


ジャズを流しながら淡路SAから神戸市内まで
約20:00辺りからビル郡を通過します。その時にお気に入りのボサノバ(Starscraper)を流して・・・夜中なので睡魔に襲われる音楽ですが、雰囲気は最高にGOOD。

DSC07148_R.jpg
そんなこんなで異人館へ到着

DSC07149_R.jpg
DSC07151_R.jpg
さて、久しぶりの異人館。
今日はどこから参りましょうか・・・

DSC07153_R.jpg
色々回りたければ傾斜のキツい坂を上らないといけない決まりです。

DSC07154_R.jpg
そんな道に転がるマンホールの柄がユニークで楽しませてくれます。

α77導入!

DSC_1236_R.jpg
じゃじゃんの

DSC_1237_R.jpg
じゃんの

DSC_1238_R.jpg
じゃん!

DSC07457_R.jpg
ソニー一眼レフ α77

α57を下取りに出してポチっちゃった・・・^^;
今新製品のα99が発表されたので安くなってきてるんですよ。
下取り価格で7万円ほど。 相場は10万超えてくるので決して安くないお買い物ですけどお買い得価格です。
57を買った時にいづれα77にステップアップするだろうと思って大切に使って来て良かったです。
おかげで上限価格+αで引き取ってくれました。

画素数が2400万画素と何から何までα57を上回った性能を持ったα77!
・・・しかし無理矢理画素数を増やした事によって画素ピッチが狭くなった事の弊害が怖いんですよね・・・・・。
ま、それはさておき楽しみましょう。

DSC_1239_R.jpg
では早速開けてみましょう。
まずはアプリケーションCDや取扱説明書、対応アクセサリーカタログがお見えになりました。

DSC_1240_R.jpg
DSC_1241_R.jpg
それをもう一度あけると・・・
・ショルダーストラップ
・バッテリー
・バッテリーチャージャー
・USBケーブル

DSC_1243_R.jpg
そしてα77本体!
α57よりあらゆる性能が上回ったとは言え、その分大きさも一回り大きくなりました。
それはともかく承知の上での購入です。

DSC_1244_R.jpg
DSC_1245_R.jpg
DSC_1246_R.jpg
α57より上回っている点その1
『液晶モニター』
α57は下方向にパカッと開いてグルっと回す回転二軸式チルトモニターだったのですが・・・
今回のα77は3軸バリアングルモニターなのでいちいち回さなくとも腰の高さや頭より高い位置からのライブビュー撮影が簡単。
そして写真の通りグニョグニョ回ります・・・
何だったら自分撮りもできますよ^^

DSC_1247_R.jpg
当然、セミハード式モニター保護シートも忘れてはいけません。

DSC_1248_R.jpg
ストラップとレンズ装着!
良い感じです^^

DSC_1249_R.jpg
α57から上回った点その2
『背面ボタン』
十字キーが十字スティックに仕様変更されてます。
これが意外と重宝するんですよ。 主にプレビューを見るときなんかは四方八方に動かせるわけですね。
あと『前後ダイヤル』
前のジョグダイヤルでシャッタースピード、後ろのジョグダイヤルで絞り調整と役目を分けた事でクイックに操作でき、非常に使いやすくなってます。

DSC_1250_R.jpg
α57から上回った点その3
『EVF(エレクトロニックビューファインダー)』
α57は液晶だった為少し青味がかった色だったのですが、今回EVFは有機ELを使い、尚且つドット数がα57よりも多い為非常に高精細になってます。
光学ファインダーだよって言われても一瞬「あ、そうだね」ってなってしまうくらい。感無量です。

DSC_1251_R.jpg
α57から上回った点その4
『サブ液晶』
他メーカーではほぼ付いているサブ液晶。
設定値がここに現れるので確認しやすくなったのではないでしょうか?
これが追加された事で 「これぞ一眼!」 と思わせるフォルムになりました。

DSC01388_R.jpg
DSC07094_R.jpg
α57から上回った点その4
『画素数』
実は二日前の記事で秘密にしていた事はα77で撮影していた事です^^;
既に下取りに出して手元には無いので日時とコンディションが異なりますが、似た二つの等倍画像で検証しましょう。

名称未設定1
名称未設定
上=α57 1600万画素(4912x3264px)
下=α77 2400万画素(6000x4000px)
解像感の違いがハッキリしていますね。
画素数を上げた事で高感度ノイズが目立つとの事ですが、マルチショットノイズリダクションで何とかなります。
1日前の記事を見ていただければ一目瞭然です。


では、御馴染みの場所でテスト撮影。
今回はB787!
DSC07475_R.jpg
DSC07476_R.jpg
DSC07477_R.jpg
DSC07478_R.jpg
DSC07479_R.jpg
DSC07480_R.jpg
DSC07483_R.jpg
DSC07485_R.jpg
DSC07486_R.jpg
DSC07488_R.jpg
DSC07490_R.jpg
DSC07492_R.jpg
DSC07494_R.jpg
DSC07495_R.jpg


DSC07496_R.jpg
DSC_1252_R.jpg
因みにα77の購入に合わせてカメラバッグを作りました。
αの色に合わせたインナーは中々様に合う筈・・・


以上、お知らせでした。^^

スナップショットのおはなし PT6

DSC07105_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
今回は建設中のグランフロント大阪を色々な角度から撮って来たのでお見せいたします。

DSC07106_R.jpg
既に最上階まで到達したとされるABブロック。
これぞコンクリートキャニオン。

DSC07107_R.jpg
こうして見ると奥行きも増してきました。

DSC07108_R.jpg
スカイビルサイド
ようやく全てのビルが最高部に到達しました。
タワークレーンの撤去はオーナーズタワーを残すのみ。

DSC07109_R.jpg
Aブロックと、OSC。

DSC07110_R.jpg
因みに御馴染みスカイビル。

DSC07111_R.jpg
DSC07113_R.jpg
そろそろ横のヨドバシカメラも再開発の話が浮上してきました。

DSC07115_R.jpg
DSC07118_R.jpg
手持ちで夜景。
マルチショットノイズリダクションが優秀なので三脚を持っていないときには重宝しそうです。
因みにISO感度は1600

DSC07119_R.jpg
失敗例。

スナップショットのおはなし PT5

DSC07086_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
今回の写真の撮影日時は比較的新しく、10月1日に撮影しました。

DSC07087_R.jpg
DSC07089_R.jpg
今回の写真からある物が変わったのですが、いつかカミングアウト致します。

DSC07093_R.jpg
さてはて、そんな今日もいつもの如く大阪駅をぶらぶらしています。

DSC07094_R.jpg
嫌原発が嫌でも目に付く・・・

DSC07099_R.jpg
HDR

DSC07097_R.jpg
パートカラー失敗作

DSC07098_R.jpg
DSC07092_R.jpg
色鮮やかな植物達

DSC07101_R.jpg
DSC07102_R.jpg
中央改札。


DSC07103_R.jpg
DSC07104_R.jpg
阪急ビルの東西コンコースが開通した話題であまり取り上げられてませんが、御堂筋線梅田駅の御堂筋口改札機へ繋がる階段が開通していました。
それに伴い、裏面ホームへの通路も拡充され、混雑が緩和される事が期待されます。

アスペクト比変更のお知らせ

お世話になります。
当ブログを管理しております、ねくです。

残暑も過ぎ、秋の香りがしてきたこの頃皆様どうお過ごしでしょうか。
さて、今回は重要なお知らせがあります。
・・・というのもタイトルをご覧頂ければお解りの通り、写真のアスペクト比を変更いたしました。
以前の記事でも少しだけ話題に触れましたが、改めてその事をここでお知らせ致します。

尚、アスペクト比が16:9から4:3へと変わりましたゆえ、横幅はこれまでと変わりませんが縦のピクセル数が以前より少し多くなっています。
この変更に伴いブログトップの紹介文も少し変更いたしました。

新しく設定を変更させていただきましたが、これからも夢遊病をよろしくお願いいたします。

スナップショットのおはなし PT4

DSC01378_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
今回はスナップショットシリーズ第四弾という訳でして、再び大阪駅に戻ってきました。
そんな撮影日は9月の12日。 またまたおよそ1ヶ月前です^^;
・・・と同時にグランフロントの駅前広場も着々と工事が進み、デッキが大阪駅と繋がりました。

DSC01381_R.jpg
時の広場

DSC01382_R.jpg
家族で電車見学会

DSC01383_R.jpg
サウスゲート広場

DSC01389_R.jpg
インフォメーションパネル

DSC01392_R.jpg
ポケモンセンターの看板が・・・

DSC01388_R.jpg
という事で、この日の撮影は終わりです。

船場のスターバックスでのおはなし

DSC01360_R.jpg
こんにちは、こんばんは、おはようございます。
今回はココ、本町のスターバックスへ行ってまいりました。
土曜日の夜になれば、フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーが集う場所としても一部の人間には知られている場所でございます。

DSC01361_R.jpg
DSC01362_R.jpg
・・・ということで、一先ず一服。
新商品のクランチキャラメルフラペチーノと・・・

DSC01363_R.jpg
チョコケーキドーナツ。
滅多にスタバには行く事はないのですが、久々に来て見ると美味しいものです。

DSC01365_R.jpg
そんな路肩に止まっているのはスーパーカーではなく平凡な私の車。

DSC01366_R.jpg
後ろから・・・


車から見た市内の町並みをお楽しみください。
DSC01367_R.jpg
DSC01368_R.jpg
DSC01369_R.jpg
DSC01373_R.jpg

DSC01372_R.jpg
DSC01374_R.jpg
車内。

DSC01375_R.jpg
疾走感。
帰りの阪神高速にて

DSC01376_R.jpg
伊丹空港

私の車

以前のブログからの読者様はご存知でしょうが、私の車をもう一度ご紹介致しましょう。


DSC01326_R.jpg
BMW E82 135i coupe
306馬力の3リッターストレート6エンジンに、パラレルツインターボ搭載。

DSC01327_R.jpg
重量は1550キロ。トルクは40.8kgでE92M3と変わりません。
・・・寧ろ加速ならM3よりも速いです^^;
100キロまでおよそ5秒弱 200キロまでは11秒 最高速は・・・わかりません。
一度250キロのリミッターで頭打ちしました。 ・・・が、ベンチマークでは270キロだと公言されているのでコンピューターや排気のあたりを変えてあげれば簡単に300キロは越えそうです。
恐ろしいです・・・^^;

以前に撮影した物


DSC01322_R.jpg
DSC01319_R.jpg
DSC01324_R.jpg
Mスポーツモデル。
パドルシフトは6速DCT。

DSC01323_R.jpg
i-driveは挙げたら切りがありませんが不満な事が多々あります。
走行中操作が出来ないとか・・・文字入力とか・・・

DSC01340_R.jpg
フロントバンパーは1M使用に変更。
車高調はヴァイテック ハイコンTXに変更。
減衰は後ろ固め。数字は覚えてません^^;

DSC01335_R.jpg
ホイールはワーク グノーシスHS202 19インチに変更。
タイヤはピレリ P-ZEROネロ F/225/35 R/255/30
空気圧は27psi

DSC01333_R.jpg
N54Bエンジン

img.jpg
forzaっぽく編集。



DSC01341_R.jpg
終わりに上記とは関係ないお話ですが、カメラを題材にした漫画を購入しました。
帯のカメラ×女子高生の文字然り、女子高生とカメラといったギャップが中々見てて新鮮です。
お話は、女子高生ながらも亡くなった祖父の写真屋『加賀屋寫眞機商店』を営む主人公(加賀屋真琴)が、
お店の固定資産税くらい払えるくらい稼がないと店を取り壊して駐車場にすると父に言われ、古くからの友人2人と3人揃ってお店を守るお話。
お店の業績もまちまちなそんな中、不思議な力が宿る祖父の形見の”ライカM3”を手にし、真琴に千里眼といった超能力が芽生えた。
その後、その力で困っている人たちの手助けをしようと店の名前を”レンズドロップス”に改名、いろいろな問題に取り組んでいく・・・

少し現実離れしてはいるものの絵柄も可愛く、カメラ好きには是非とも読んで頂きたい漫画でした。

スナップショットのおはなし PT3

こんばんは、こんにちは、おはようございます。
今回のお散歩は日本橋の駅を出た堺筋から始まります。


DSC01302_R.jpg
”バカ”と書いてあるのに何故か格好良く写るグラフィティ・・・

DSC01305_R.jpg
下町と、高層ビル。
電線の景観の悪さは嫌いなのですが、こういったギャップを作るのには重宝する道具です。

DSC01308_R.jpg
なんさん通り
ここまで来れば、おわかりでしょう。

DSC01310_R.jpg
大阪のオタクの聖地こと、”オタロード”です。
・・・と言われるのはごく最近の話。
古くからの日本橋を知っている人は電気街といったイメージが強いでしょう。


DSC01312_R.jpg
所々にメイドさんが見受けられます。
・・・そんな手前のお肉はデンキ街名物(?)の”ドネルケバブ”のお店。
一応、ちらほらと車も通る車道なのですが写真の通り人でいっぱいです。
このブロックだけ土日祝日は9時~20時まで歩行者天国だとか対処して頂きたいものです。
・・・互いに気を使わないといけないですからね^^;

DSC01314_R.jpg
最後はデンキ街の尊重らしい写真で締めたいと思います。
ではでは^^

新しいレンズ追加のお知らせ

DSC_1226_R.jpg
今回新戦力として追加したレンズは2本。
高倍率ズームレンズと、短焦点レンズの1本ずつ。
高倍率ズームの方は”TAMRON A18”

DSC01123_R.jpg
その名の通り、画角は18mmから

DSC01125_R.jpg
最大250mmまでカバーします。
因みに35mm判換算では375mmの画角に相当します。

DSC01344_R.jpg
ではその写りをいつものテスト撮影場所の伊丹空港から・・・
まずは18mm

DSC01345_R.jpg
120mm

DSC01347_R.jpg
250mm
どうでしょう?この違い。
・・・ま、以前まで使っていたHS20に比べたらそれはまだまだズーム比は劣りますが、ここまで寄れれば十分です。

DSC01348_R.jpg
DSC01349_R.jpg
空港からは梅田越しに阿倍野ハルカスを見ることが出来ます。
300mの風格を感じます。

DSC01350_R.jpg
DSC01351_R.jpg
滑走路を文字通り滑走する保安カー。
一度で良いのでトップギアみたく自分の車もしくはスーパーカーで3kmの滑走路を突っ走ってみたい・・・


DSC_1227_R.jpg
お次に購入しましたのはソニーの”DT1.8/35 SAM”
1.8という事で、開放F値は1.8で明るく35mmの短焦点レンズです。
50mmの短焦点と迷いましたが、聞くところに寄れば35mmは人間の視覚に近い焦点距離だとの事。
見たものをよりリアルに写すならコレ!という事で、評判もそこそこ良いみたいなのでまずは35mmを購入いたしました。

DSC01353_R.jpg
百聞は一見にしかず。まずは実際に見てもらいましょう。

DSC01355_R.jpg
F値の明るいレンズは背景もボケやすいのでこんな絵も・・・
実はこれまでの記事でもこのレンズを使って撮影した画像が多々あったのですが、既にお気づきでしたでしょうか?^^

DSC01356_R.jpg
DSC01357_R.jpg
飛行機を撮影するおじちゃんを、撮影。


そんな新しいレンズ紹介でした。

駅の中の『獅子脅し』

DSC01279_R.jpg
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
今回は少し変わった風景をご紹介しましょう。

DSC01277_R.jpg
駅長室の横に見えているのはといいますと、獅子脅しです。
日本庭園などには定番の水を使った竹の鳴り物です。

DSC01278_R.jpg
さて、何故そんな物がこんな駅の中にあるのかと言いますと・・・

DSC01280_R.jpg
雨漏りが絶えず、過去幾度と対策をしてきたが失敗に終わり・・・
なら逆の発想で雨漏りを利用すればいいじゃないか!との事。
駅員の寄贈品を寄せ集めて獅子脅しを作ったに至るわけです。

DSC01282_R.jpg
にしても良い音させてます。
電車が過ぎ去って静まり返った駅構内に、カコーン・・・・・と。

DSC01287_R.jpg
あ、そんなこの駅の事行ってませんでしたね。
堺筋本町駅の4・5号出口に繋がる階段に設置されています。
・・・ただ、そろそろ熱い時期も過ぎ去ろうとしている季節。
見に行く方は物が既に撤去されてしまっているかもしれませんのでご注意を。

DSC01288_R.jpg
尺余りなので他に撮って来たスナップ写真でも・・・

DSC01293_R.jpg
DSC01294_R.jpg
DSC01297_R.jpg
DSC01298_R.jpg
DSC01299_R.jpg
DSC01301_R.jpg
最後は日本橋駅にて撮影。


・・・さて、ここまでご覧頂いて既に気づいた方もいらっしゃる事でしょう。
画像比をいつもの『16:9』から『3:2』に変更して撮影しています。
以後このカメラ設定でブログを続けて行きたいと思いますが、またお知らせとして掲載させて頂きたく思います。
プロフィール

ねく

Author:ねく
当ブログは気まぐれで始まる無ジャンル記事の多いブログです。

※写真はサムネイルをクリックしますと別窓で4:3の壁紙サイズ(1366×911)が表示されます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ガジェット
↑他愛の無い事を呟いています

↑動画右下のマークで音量調整できます
www.flickr.com
muyu_byo's items Go to muyu_byo's photostream
カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。